緊張と手汗


「なんだか手が湿っぽいような?」と感じて手のひらを見てみると、手にじわっと汗をかいていることってありますよね。特に夏の時期になると余計に、暑さで余計に手に汗をかいてしまうという方もいるのではないでしょうか。

私自身、手に汗をかきやすくて悩んでいた時がありました。幼い頃から手汗をよくかいていて周囲に人からよく「手汗すごいね」言われることもしばしば。その頃の私はあまり気にはしていませんでした。

しかし、徐々に思春期になると年頃なこともあり手汗が嫌になってきました。

「なんでこんなに多いんだろう」思いながらも、ふと思い返してみるとこれまで手汗をかいている状況を思い返してみると緊張している状況の時だと感じました。

例えば試験時に後ろの人に用紙を配る時や初めて会う人と握手をしなければならない時。

学校での全校集会のときなんかは、ピリッとした空気が苦手で手をぐっと握りしめてしまうくせがあり、余計に汗をかいてしまっていたのです。

それに気づいてからは、自分自身に緊張するような行事や予定があるときはなるべくリッラクスをしたり、周囲の人に「緊張する」と素直に口に出して話すことで心が軽くなり緊張がほぐれるようになりました。

手汗対策について詳しく知りたい方はこちらのサイトからチェックしてみてください!

また、水分を多く採ってしまう傾向があったので手汗をかきたくない状況の時は、なるべく水分も控えるようにも心がけました。

すると以前よりも、手汗をかかなくなりプリントを配る時や握手をするときも堂々とした自分でいられるようになったのです。

もしも同じような状況で悩んでいる人いれば、この方法を試してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です