ムダ毛のせいで恥をかいた思い出


ムダ毛が気になる時といえば、夏場におしゃれしたい時や、プールやビーチなどで水着になる時が挙げられます。

私は残念なことに非常に毛深い体質なので、夏に海へ行ったりプールへ行くとなると、前日にはかなり気合を入れてムダ毛処理を頑張らないといけません。

実家に居た頃は姉に背中のムダ毛処理を手伝わせたりもしていましたが、現在は一人暮らしなので、脱色クリームを塗ったり、脚や腕やビキニラインなどはカミソリで綺麗に無駄毛を剃るようにしてます。

脇や膝下やVラインなど、身体の中でも特に無駄毛が濃いパーツは二年ほど前からエステサロンで脱毛をするようになったので、普段あまり自己処理することはなくなりました。

昔、プールへ行ったのですが、処理し忘れていた長い脇毛が生えていることに、水着に着替えてから気付きました。

毛抜きやシェーバーなども一切持っていなかったのでどうすることも出来ず非常に恥ずかしかった思い出があります。

あまり皆の前で腕を上げないようにしたり、なるべく脇を締めるようにして、その日は過ごしました。

大事な時に限って無駄毛の剃り残しがあったり、処理し忘れに気づくことって多いです。

以前サプライズで指輪を貰った時も、指の毛の処理を怠っていたので、指輪をつける時にフサフサの指毛を相手に見られてしまったのではないかと思い、非常に動揺したこともあります。

無駄毛処理していないと、暑くても腕のムダ毛が気になるので腕まくり出来なかったり、ノースリーブになりたくても羽織ものを脱げなかったりと、不便ナ思いをすることがあります。

脱毛しておくと、オシャレをいつでも自由に楽しめるようになったり、突然のプールの予定や異性からのお誘いにも慌てず済むようになり、とても安心です。

沼津で人気の脱毛サロンをお探しならぜひここ
沼津 脱毛

お風呂場でのムダ毛処理って良くないんだってさ!


あなたはムダ毛の処理をどこでやっていますか?毛抜きでの処理をお風呂でやっていると言う人、気を付けてください!それって間違っているんですよ。お風呂でムダ毛の処理は良くない行動です。なぜならお風呂って湿っているせいで細菌が沸きやすいんですね。この細菌が傷口に入ると炎症を起こしてしまって肌トラブルに発展するのです。これは色素沈着や黒ずみなんかになってしまって、肌の毛穴を目立たせます。そうなるとなかなか治らなくて悩んでしまうのです。

お風呂場でのムダ毛処理

カミソリで処理するのはお風呂場以外でやるのは難しいですよね。だから仕方がないでしょう。でも毛抜きでムダ毛を抜くのならお風呂場以外の場所でやりましょう。毛抜きでの処理はムダ毛を奥底から引っ張って抜くので肌がより傷つきます。その傷ついた肌に細菌がぶわっと入ってしまうのです。だからお風呂場での毛抜き処理はやめておいてください。やるのならリビングなどの乾燥した部屋の方でやりましょう。こうすることでなるべく肌トラブルを起こさないように気を付けることができるのです。

ムダ毛の処理はお風呂場という印象ができている人も多いですが、実はお風呂場は良くないんですね。その点を考えて肌トラブルが起きにくい安心してムダ毛の処理をできる場所を選んで、毛抜き処理に取り組んでください。お風呂でのムダ毛処理って良くないと言うことは頭の片隅に必ず置いておきましょう。

ムダ毛が無くなるとこんなに変わるのか!


ムダ毛が無くなるムダ毛って人の人格を変えるのですね。私は脱毛をしてどんどん変わっていた姉のことを思うと脱毛の力ってすごいんだなと思います。私の姉は小さい頃は毛深いことに悩みを持っていたのです。それには私も原因の一旦になっていて、どうやら私に「お姉ちゃんなんでそんなに一杯毛がすごいの?」とグサッと来ることを言われたらしいです。私は割と同年代の子と比べてもムダ毛が多くはなかったので、ついつい聞いてしまったんですね。姉はそのことで深く悩んでいました。そして専門学校を卒業してすぐ脱毛を始めたのでした。

姉は自分で良く調べて口コミの評判の良い脱毛サロンへと行きました。そしてその脱毛サロンでしっかりと脱毛の施術を繰り返してから少しずつ外面も内面も変わって行ったのです。この変わりようがすごくて脱毛に行く度に自分への自信を取り戻していた気がします。脱毛を終えてからなんて自分に自信が満ち溢れているような感じすらします。脱毛をしただけでこんなに変わるのかと私もすごく驚かされました。

ムダ毛がない姉はすごくオシャレでキレイなお姉ちゃんになりました。昔は本当にオシャレなんてしなかったし、地味な姉でした。でも今は違うのです。こんなに内面も外面も変わる人も珍しいのかもしれません。姉は脱毛に行っておかげで明るく自分に自信を持つようになりました。そんな今の姉の方が私はずっと好きです。

結婚してから分かった夫の性格


結婚してから私は「騙された」と思いました。結婚するまで夫はすごくいい彼氏でもう完璧な理想の人だったのです。オシャレでいつも清潔感のあるステキな彼は理想の男性像だと思いました。だから私は必死で彼の心をこちらに向けられるようにと頑張ったし、結婚するまでのたくさん努力しました。好かれる努力は誰よりもしてきたと思うのです。しかしまるで完璧と思っていた彼と結婚してからやっと彼の本質に気づいたのでした。

夫の性格

彼はいつも完璧に見えていたんですけど、これはすべて彼の家族の努力の賜物だったのです。結婚したら急に服装が地味になって、しかもムダ毛もボーボーに生やしています。今まで服から見えるムダ毛がすごく少なくて、爽やかな印象だったのに台無しです。以前までのキラキラした雰囲気が無くなっていました。そしてそのことについて何気なく夫に聞いてみたら、今までスタイリングや服装などは母や姉がやってくれたみたいなんです。早くお嫁さんを作って結婚してほしかった義理の母と義理の姉は一生懸命彼を一流の男っぽくしていたのでした。

「騙された」と言う意識がすごく強くていまだに慣れません。ただ騙された私も悪いですから、完璧じゃないこの夫を支えて行きたいと思いました。彼は彼です。確かにオシャレでは全然清潔感なくムダ毛を生やしっぱなしにするけど、でも私への愛は本物だし、私も諦めようと思っています。やっぱり完璧な理想の人って世の中にはいないのですね。結婚してから良く分かりました。